展覧会・出品協力

へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

春の江戸絵画まつり

人は、見事な美しさや完璧な美しさに感動を覚えます。一方で、人の感じ方には「へそまがり」と言えるような一面があることも否めません。決してきれいとはいえないものに魅力を感じたり、不格好なものや不完全なものに心惹かれることもあるでしょう。本展覧会では、中世の禅画から現代のヘタウマまで、日本の美術史上に点在する「へそまがりの心の働き」の成果を紹介します。  

会 期平成31年3月16日(土)~5月12日(日)
会 場府中市美術館
出品資料*当財団から下記資料を出品いたします。
徳川家光筆 鳳凰図
徳川家綱筆 闘鶏図